KURAGE online | 人間 の情報

KURAGE online | 人間 の情報

「 コウモリ 」 の情報 

オウムやイルカなどの「おしゃべりな動物」に共通する特徴とは?

人間以外にもイルカやコウモリなど音を出すことでコミュニケーションを取る動物は数多く存在しています。そんな「おしゃべりな動物」に共通する

コウモリの音がどこから聞こえてくるのかが分かる装置が開発される

超音波を発して周囲の状況を把握しながら飛び回ることで知られるコウモリですが、その超音波は人間には聞くことができません。そんなコウモリの

米ファウチ博士が中国にデータ開示要求、コロナ発生源調査で

彼らのうち3人が死亡し、研究所の科学者はその後、洞窟を訪れてコウモリからサンプルを採取したとされている。 博士自身は、動物から人間に

WHO コロナウイルスがコウモリから人間に感染した経路を描写

COVID-19ウイルスはコウモリから別の動物を介して人間に感染したというシナリオが最も信憑性が高く、逆に実験室から漏洩したというシナリオは「

ウイルス起源調査、将来の感染防止にも WHO調査団リーダー

具体的には、「ウイルスの発生源を発見し、それがまだ存在するなら、人間の集団に再び入り込むこと」や「コウモリが起源だと分かれば、同じよう

新型コロナとトコジラミに「意外な共通点」があった…!

それは、どちらも人間とコウモリの両方に寄生する生物で、おそらく元々はコウモリ(の祖先)を宿主とする寄生虫・寄生ウイルスに由来している

コロナ変異種、中国から流行のリスクーさらなるパンデミックを未然に防げ

WHOは、コウモリからセンザンコウに感染し、さらに人間へと感染した可能性を指摘している。センザンコウとは全身を鎧のようなウロコで覆われた

人間だけでなく吸血コウモリも「病気になると社会的距離を保つ」ことが判明

コウモリは免疫や炎症反応に関わるタンパク質の活動メカニズムが特殊であるため、人間にとって危険なウイルスを保有しながらも自身は発症しないと

人間の子供サイズのコウモリに荒ぶる人が続出

コウモリが人間の子供サイズ!? 天井にぶらさがっているけれど、夜になると飛びまわるコウモリは、日本でもよく目撃される動物。手のひらサイズほどの小さな

Copyright© KURAGE online | 人間 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.